yoruの記録

雑記ブログに見せかけてほとんどサッカー(Liverpool,Dortmund)の話。

【プレシーズンマッチ】ドルトムント×バレンシアの覚え書的なやつ

 こんばんは、yoruです。
今回は昨日行われたプレシーズンマッチドルトムントバレンシアの試合を眠い目擦りながらリアルタイムで見たので、せっかくテルジッチ初戦だし、覚え書き的に書いておこうというやつです。ちなみにバレンシアにはほとんど触れません。

あと、昨シーズンの総括記事も参考になると思います。まだ読んでない方はぜひ。

yoru-li.hatenablog.jp

yoru-li.hatenablog.jp

yoru-li.hatenablog.jp

 

スタメン

バレンシアのベンチメンバー多すぎてギチギチになっちゃうんで載せてません。ごめんよ。

ドルトムントの方は結構ガチメンバーというかファーストチョイスであろうメンバーが多め。欠場情報で言えば、アカンジ、シュルツは売却候補なのでプレシーズンマッチには不出場、エズジャン、マレン、ローテは怪我。アレは体調不良で欠場。(後程、検査で睾丸に腫瘍が見つかったのこと。癌かどうかは分からないが早い復帰を願いたい。)

 

テルジッチのサッカーっぽさ

 テルジッチは前回率いてるときから変わったかなというのが最初の注目ポイントだったけど、サッカーの仕組み自体はそこまで変わらず。守備はミドルサードに構えて圧縮してボールを奪う事、攻撃はロイスまでボールを届けることを第一優先に、サイドの選手の質的優位で決定機を作ることが基本線。

早すぎず、ただ遅すぎず、低すぎず、高すぎず、選手の上手さが一番出るプレースピードで試合を作っていくというのがテルジッチ流である。

 

Embed from Getty Images

テルジッチもバレンシアの監督のガットゥーゾも声がばかデカかった。

 

ローゼから変わった点が一番見てとりやすいのは非保持時だろうか。バレンシアはカスティジェホがアンカー位置に入りつつ、4-3-3ぽく保持を進めるのに対して、ドルトムントミドルサードに構える立ち位置。サイドアタッカーはペナ幅に収まりハーフレーンを埋め、ムココがCB2枚を見て、ロイスがアンカーを監視という感じ。全体がコンパクトに陣形を組みボールに対して出ていく。

前半の給水タイム明けからはちょっとプレスも本格的に。ムココがCBの間というよりは近い方のCBに近づき、あえて1人をフリー気味に。そのCBからの縦パス候補、主にトップ下のゲデス、ムサに対してボランチが奪いきる速度でアタックしていく。CBと逆のドルトムントンのSHも内側に絞り、同サイドにチームが圧縮していく守備は結構効いていた。

 

続いてボール保持時。テルジッチの良いところはビルドアップに対してしっかり真正面から取り組んでいるところだ。

この試合のスタメンだったフンメルス、シュロッターベックはどちらも運べるし、縦パス出せるしというビルドアップに対してはドイツ屈指でできる2人だったのでビルドアップはそこまで苦労することなく。このCB2人の前にベリンガムとダフードがお互いのポジションを入れ替え、立ち代わりながらボールを引出し散らしていく。この2人の守備面、攻撃面の連携の円熟味はより一層増したと思う。

前半目立ったのはシュロッターベックとゲレイロのいる左サイド。シュロッタ―ベックの前にスペースがあればするするっと運べるし、それで守備が出てくればゲレイロを経由して斜めにパスを出せるしと、基本的にボールを前進させたのは左サイドだった。一方右サイドは左で詰まると、フンメルスから裏に抜けるアデイェミという縦パスが目立った前半。これはアデイェミのスピードを活かそうという事なのか、ムニエにはゲレイロのような働きが期待できないからなのかは分からないけど。まあ多分どっちもだと思う。

 

ファイナルサードはまだ連係ミスや技術不足が目立った。これは監督どうこうというより選手間の相互理解やコンディションの時間待ちなところはある。

 

という事でまあそこまで大きくテルジッチが変わった点は見られなかったプレシーズンマッチ。今シーズンの方向性は見えた一戦だった。

あとは選手個人評にて。全員は書かないけども。

 

(目立った選手の)個人評

コベル

本日もお疲れさまでした。今後とも何卒よろしくお願い致します。

 

シュロッターベック

君、運べるし、遠く見えてるし、縦パス出せるし、左利きだし。いいとこいっぱいあるやん。

 

ムニエ

アデイェミが大外立ってるから、縦パス出せないとムニエが内側入っていくことになるんだけど、左足が使えなさ過ぎて厳しいことろはあった。ピッチ中央側に背中を向けられないというか、ああ、そこスッと出せないか~と。スピードを要求するアデイェミとは相性悪そう。モレイ見たいよ。

 

ダフード&ベリンガム

どんどん連携が良くなっている2人。プレスに決して遅れることも無く、全方向対応可能な万能コンビ感が出てきた。ゴレツカ&キミッヒを目指せ。ほぼスタメン確定、ファーストチョイス。

 

アデイェミ

 カウンター時に3対1ぐらいでも普通にスピードで置いていけそうなところとか、ザルツブルグっぽいスペースがあってオープンな状況ならいい感じ。スピードが上がってもプレー精度が落ちないのはすごい。ただ対面の相手を静態の状況から抜くのはまだちょっと厳しそうなのでサポートしてあげないとなと。左利きなのでオーバーラップしてあげてカットインとかできるのか見たかったけど、SBがオーバーラップしてくれなかった。

 

ムココ

頑張ったで賞をあげます。プレスにサボることなく、走り続けたのはすごい高評価。サイドに流れてもキープ力はあるし、いい成長の仕方をしていると思う。焦らずにゴールも狙ってほしい。アレが開幕遅れそうなので期待がかかるよ。

 

アザール

マジ何してんねん。プレシーズンマッチからアザールクラスは結果を求めてほしいのにプレー精度が悪かったり、ロストをしたりと、いいところ何もなく。太ってる場合じゃないぞ。

 

ズーレ

デカい。確かに速いけど吹っ飛んだ。君、CBなのにセットプレーの時壁役なんだね。

 

ブラント

上手いんだが、上下動が少なくボールを引き取って運んで散らすみたいなことができないので、ベリンガムに代わってボランチしたらボールが全然前に進まなくなった。基本的に立ってるところで上手い人なんだよな。どう使おう。どこに売れるんだろう。

 

ジェイミー・バイノー=ギッテンス

アザールに代わって後半から左SHやったらすぐPKを取った。1対1で仕掛けてPK獲得なので素晴らしいです。まだパスを出した後の動きだったりプレスは未熟な部分があるがまだ17歳なんで気にしなくていいです。

 

アカンジ

これがピッチに入ってくるベンチ外の選手の恰好か?

 

さ、アカンジをオチで使ったことろでこの辺で。モレイ、レイナ、エズジャンあたりは見たいですね。

バレンシアは4番のユヌス・ムサと7番のゲデスが上手かったです。特にムサを真ん中で使うのはカッコいいと思う。

 

それでは。

Twitterなどフォローよろしくお願いします。

SNS等で感想をつぶやき、拡散してくれるとありがたいです。

21/22 ドルトムント シーズン総括 個人編 【MF&FW部門】

続き

 GK&DF部門↓

yoru-li.hatenablog.jp

 

チーム編↓ 

yoru-li.hatenablog.jp

 

MF

28 Axel Witsel

 大ケガから復帰した今季。さらにCBが居ないという事で序盤はCBでの起用も。ただ怪我の影響か、明らかにクイックネスで衰えが見えており、ポジショニングの良さはあるものの追いつけねぇ...という場面が散見。被カウンターの場面では厳しいものがあった。ただ、攻撃時の整えっぷりというかインテリジェンスはまだまだ有るので、アトレティコで活躍を期待したいところである。

Embed from Getty Images

 

23 Emre Can

 今季は24試合の出場で、中盤として10試合、CBとして12試合、右SBとして2試合であった。で、去年も書いたと思うけど中盤で使ってあげないと悪いところが目立ちやすいのである。リスクヘッジが出来ないというか、リスクを冒してリターンを獲るというプレーを選択する人なので、最後尾でリスクを冒すのは見てられない。心臓に悪い。ヴォルフスブルク戦のようなゴールを見たい人は推していったらどうでしょうか。テルジッチは推してないっぽいです。

Embed from Getty Images

 

8 Mahmoud Dahoud

 昨年、ついに後半戦ぐらいから覚醒を見せ、「そうそう!ダフードに求めてたのはこれなんだよ!」というプレーで序列を上げ、今季はそれを確立したと言っていいだろう。思考がすっきりしたというか、ただ動いて最終ラインからボールを受け取り、ターンで前を向き、ロイス、もしくは対角に散らすというのをずっと継続できるようになったというのが良い。

本人の調子も良いとターンがキュイキュイできたり、ミドルが決まったりするが、別にそこまで求めてもないのでとにかく継続である。というかミドルを打つ割にはほとんどが明後日の方向に飛んでいるという事実が評価を悪くしているとも思ったり。

Embed from Getty Images

 

22 Jude Bellingham

 私的クラブシーズンMVP。言う事ないでしょう。以前Twitterの方でベリンガム評を長々とつぶやいていたんだが、ざっとまとめると①BoxToBoxで90分走り続けられるというアホみたいな走力 ②2,3手先を読みながらランニングのコースとタイミングを決めれるインテリジェンス ③普通に身長高いし足が長い ④10歳上のシュルツにブチギレることができる胆力 

という才能の持ち主で、今季はひたすらハーフレーンを上下動して、サリーから平行サポート、ペナ角からのカットイン、チャンネル裏抜けまで全部やる!!マンになっていて、気づけば若手CM最高峰に。あ、あとサンチョみたいに対面の相手を抜けるってのもある。惜しむらくはキック力がそこまで無く、逆サイドに蹴っ飛ばせないこと。この点を向上させないとプレミアはちょっと厳しいと思うのでもう2,3年はドイツにいたらどうだろうか。

Embed from Getty Images

 

19 Julian Brandt

 いろんなことが出来るんだけど、システムの中に組み込んだら言語化できずにパンクするという典型的な天才タイプで、序盤CMで使ったら守備に攻撃にただ走り回されて老けただけだった。で、レイナのケガとかもあって右WGに配置。中央のロイスとラブロマンスを紡いでいき9G8A。やっぱり「ロイス先輩と俺は相性バッチリ!言葉がなくても通じ合えるぜ!!」というのがまあいいっちゃいいんだが、結局それ周りの人が入っていけない2人の関係♡なので、チームとして推していく気はなく多分来季は普通にレイナがいるんだと思う。

Embed from Getty Images

 

20 Reinier

 レアルから来て2年目。ハキミにはなれませんでした。やっぱりちょっと足元が上手い系の2列目はそれこそブラントが牛耳っちゃてるので試合で使うというプライオリティが高くならない。ということで結局逆から読んでも同じなら面白いという理由で名前が決まったというエピソードが一番面白いという事になってしまった。あ、あとオリンピックおめでとう。

Embed from Getty Images

 

32 Giovanni Reyna

 辛い一年だったと思う。今季はさらなる成長を期待され、背番号もサンチョの後を継ぎ7番となり、ドルトムントのスタメンを1年取るというのが目標だったはず。しかしほとんどを怪我で欠場。350分の出場時間となってしまった。怪我した瞬間はこちらも辛い。才能は間違いなくあるので心身共に強くなって来季頑張りましょう。

Embed from Getty Images

 

10 Thorgan Hazard

 1トップじゃ背負えないから真ん中からいなくなっちゃうし、WGだとスピードが足りなくて単独ではできることが少なくて、結局3バックのシャドーか、2トップの一角でしか活きないというユーティリティー性が無い選手に。せっかくメングラ時代の監督が来たのにちょいちょいケガやコロナで離脱し、試合勘も失っちゃう事態。クラブ的にも本人的にも成績残さないと売れないし良い給与もらえない年だったと思うだけに残念の一言。来季どうする??

Embed from Getty Images

 

39 Marius Wolf

 今シーズン影のMVPである。野球で言ったらカムバック賞みたいな。離脱が多かった今季のドルトムントの中でリーグ戦は3試合の欠場に留め、とにかく献身的に走った。右MFも右SBも左MFも左SBもやり、そのポジション全てで「特別なことはできないけど11人の内の1人なら十分」というプレーを披露。パスも別に普通、シュートもまあ普通、でもポジショニングは間違えないというある意味現代サッカーに一番適応した人。

レンタル前はこんなに走れる人でもなく足元に受けたがるちょっと上手いと思っている人だったのだが、2年のレンタルはその意識を取っ払い筋肉をつけさせた。来季もこの調子で頑張ってもらい、ホフマンみたいにならないかなとひっそりと思っている。

Embed from Getty Images

 

 

FW

11 Marco Reus

 数シーズン前に「俺の、身体は、、弱い!!!」というルフィみたいな発言をしてから、代表を控えめにしたり、ちょこちょこ有給を貰うことによって怪我の離脱がぐっと減った。それだけでロイスの価値は上がるというか、本来実力はドイツ随一なので、9G17Aなんて数字も出せる。ただもう33歳なのでそろそろリーグのタイトルを取らせてあげたいなと思うところである。契約も来年までだし。

Embed from Getty Images

 

21 Donyell Malen

 サンチョを売ってそのお金で獲ってきたので、サポーターもクラブもサンチョみたいなプレーをなんとなく期待していた節はある。でそのせいか序盤は適応に苦しみ初ゴールは11月になってから。ただそのあたりから周囲もマレンがどんな選手なのか分かってきた感じ。サンチョだと思っていたが実際は、どこからでもパスを受けたらターンをしてそのままペナルティエリアまで運べちゃうケツでかマンでした。なので2トップでもWGでも内でも外でもあんまり場所を選ばずにプレーができるのいいところ。ホーランとロイスに気を使いがちなのは改善ポイント。433のWGで旋回させたら面白いだろうなと思う。433やるのか知らんけど。

Embed from Getty Images

 

36 Ansgar Knauff

 いや、ここに書く気はなかったんだけどさ。レンタル先であんなに結果というかタイトル取っちゃってるもの。EL王者って。こちらはELプレーオフで負けてるっていうのに。そこまでフランクフルトを見れているわけではないが、どうやらグラスナー塾で鍛えられ右WBで大外を上下動し、縦に仕掛けてクロスか、カットインしてファウルを誘うかという二択をキチンと突付けられる選手になっていた。WBだからこそあまり守備も気にならないし、攻撃もその二択さえできればいいというメリットも関係していると思う。

さて来季もレンタルは続くわけだが、WBだけでなくシャドーも経験させてもらってゴール前でのスキルも磨いてもらいたいところである。ドルトムントにWBのポジションは基本ない。

Embed from Getty Images

 

27 Steffen Tigges

 ケガでなかなかまとまった出場機会が与えられなかったのは残念ポイント。ただ、途中出場でも献身的なプレスやランニングで3得点は立派な数字。ただ、フルシーズンで使うにはスピードや精度の部分で足りないところがあるのも事実。その場合移籍して出場機会を得ること、自分のプレースタイルに合ったチームに行くのは良いこと。で、ティッゲスのプレースタイルに一番合っているだろうケルンからオファーが来て、移籍したのはとてもいいと思う。将来のモデストになれる器。頑張ってほしい。

Embed from Getty Images

 

18 Youssoufa Moukoko

 今さっき書いたが、こうした若手はまず怪我をせずにチームのトレーニングに一年間帯同するのが一番の成長への近道なのである。そうしているうちにたとえスタメンのCFが世界トップクラスだとしても、出場機会は得られる。そうしたチャンスをムココはことごとくケガで失ってしまった。んで拗ねて移籍したいと言われましても。まだ17歳だし、動き出しが悪かったり、パスの判断と精度が悪かったり、伸びしろはたくさんある訳だから焦らず成長してほしい。

Embed from Getty Images

 

9 Elring Haaland

 まずザルツブルクから移籍してきて、プラン通りプレミアにステップアップしていったのは素晴らしい。ブンデス66試合61ゴール、なんという成績であろうか。今季だけを見ればやはり怪我が目立つシーズンで、それが移籍の報道と相まって心ドルトムントにあらずのように見られたのはまあ仕方無いというか。ただ、移籍発表後のドルトムントありがとうツイートなんかでやっぱり寂しいと思ったり。サンチョとホーランを同じクラブで見れたのはドルトムントサポの特権です。マンチェスターダービー早く見たいなぁ。さらば!!!ちなみに髪は切ってる方が好き。

Embed from Getty Images

 

 

おしまい!!1試合しか出ず冬に移籍しちゃったディレイニーとか、途中出場がほとんどの若手とかは書きませんでした。Bynoe=GittensとかRotheとかは来季トップチームに食い込んでくるでしょう。期待です。

 

それでは。また開幕後に。

Twitterなどフォローよろしくお願いします。

SNS等で感想をつぶやき、拡散してくれるとありがたいです。